2007/10/28

G1予想 07年天皇賞(秋)

   
<天皇賞・秋>

現役最強のヤツラが揃った素晴らしいレースだ。

本命は迷わずアドマイヤムーンで。去年も3歳のムーンを本命にし、的中させることができた相性のいい馬。ポップロック同様に、京都記念と宝塚記念でも儲けさせてくれたありがたい馬である。

本命の理由は、世界レベルの馬になったから。去年の香港でプライドら一流と渡り合ったことが大きな財産になっている。休み明けの不安はあるけど、名馬はそんなことは言い訳できないのだ。重い馬場もどんとこいだと思うので、三連単の1着固定に指名する!

対抗は、ポップロックで。ペリエ人気で3強(ムーン、メジャー、サムソン)につぐ人気だが、東京コースは目黒記念で2戦2勝! 距離不足と言われるが、スタミナを要求されるタフなレースになりそうなので、そのスタミナが活きてくるだろう。

馬券的にはダイワメジャーとサムソンを加え、三連単の6点買いで勝負する。

三連単は、馬をたくさん選択し、ボックス買いなどをしてしまうと、あっという間に100点、200点になってしまう。1着から3着のどれかを固定しまうと、馬連BOXとまったく同じになるので、買い目が極端に少なくなるので、お勧め。

固いレースこそ三連単で勝負する。これが鉄則だと思う。ディープインパクトのような勝つ馬がわかっていれば、2着と3着を当てる馬単だと思えばいい。

また、反対に勝てないんだけど、2、3着にくる可能性が高い馬がいれば、その馬を2着と3着に固定して買えば買い目は激減。

三連複や三連単は、当たりはひとつしかないのだから、買い目は少ないほうがいいに決まっているのだぁ! 
と言っても、難しいよね。ディープインパクトも負けたレースが2つあったんだからね・・・。

◎12 アドマイヤムーン 6着
○15 ポップロック 4着
▲14 ダイワメジャー 9着
▲01 メイショウサムソン 1着

馬券:三連単 (12)→(1・14・15)→(1・14・15) 6点 ハズレ
  

2007/10/27

モチベーション・アップ!

     
昨日の昔の同僚との飲み会と今日の新潟OSCセミナーで俺のモチベーションは猛烈に上昇しているのじゃあ!!!

まずは昨日の話…。

先月、セブンイレブンで、昔の同僚と約5年ぶりに、ばったり遭遇!
飲みに行く約束をしておって、それが昨日じゃった。
話は主に近況報告、思い出話、これからの展望など。
彼は地元のIT企業に勤めておってな、立場は違えど社内SEのわしと共通する話題ばかり。もうためになる話ばかりじゃった。

思い出話は、彼と行動を共にした山形でのバンジージャンプ(2回)、聖飢魔IIやインペリテリのLIVEなど…。もう10年前の話じゃきーに。

彼とは空白の5年間ができてしまったが、また昔のようなお付き合いを再開したいと願っちょります。遊びでも勉強会でも、またわしとご一緒してくれるかの~。

さて今日の話じゃ。
ネットでお知り合いになった方の「やればできる!OSSで中小企業のIT化!」が聞きたくて、また新潟まで行ってきたのじゃ。

今回は一人ということもあり、高速バスで行くことに。しかしセミナーに間に合う郡山からのバスが無いのじゃよ、これが…。いろいろ考え、会津まで電車で、そして会津から高速バスで行くことになったわけじゃ。

朝5時に起き、さあチャリで駅前に行こうかと思ったら、何とパンクしておる!!

ガビーン!

車で行けばいいものの、セコいわしは、迷わず走ったのじゃ。無我夢中で。しかも朝5時半じゃ。酒がまだ残っており、死ぬかと思ったぞ。まあ、電車には出発1分前に乗車。

ナイスラン、俺!

まあそんな話はどうでもいい。新潟のセミナーはIT関連のセミナー。Linux等のオープンソース関連のイベントじゃ(写真:会場の新潟テルサ)。
セミナーは5時限あり、しかもそれぞれの時間帯で選択できた。わしの選んだセミナーは以下の通りじゃ。

(1)参加できず
(2)Niigata Linux3.0の紹介
(3)やればできる!OSSで中小企業のIT化!
(4)マッシュアップサービス作成
(5)データベース御三家の新機能

いやぁ~、ためになったぞよ。目的のセミナーでは、共感の連続じゃあ~。これからはIT担当者の時代!の言葉に自然と力が入ったぞい。

お知り合いの方にはセミナー後、ご挨拶させてもらった。考えてみると、ネットだけのお知り合いの方とお会いしたのは初のことじゃ。こういう触れ合いも大切にしていきたいもんじゃね。

帰りもバスじゃ。帰りは新潟から郡山まで。乗車しようとしたら、予約制ですよと言われたんじゃ。

聞いてないよ~。行きは予約制じゃなかったのになぁ~。
新潟から走って帰るのは無理じゃよ。欽ちゃん走りになってしまう。
お願いしたら、乗せてもらえた。これで、ひと安心じゃ。

というわけで、二日間のイベントで、ますます気合いが入ったわし。
でも明日は自己啓発はひと休みして、天皇賞を頑張るぜよ。
  

2007/10/25

「セックス」で検索! 一番多かった国は?

  
今日は気になったニュース・ネタで。
ちょっと前のニュースですが、Googleの検索キーワード国別ランキングの記事を発見しました!
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news057.html

セックスの検索回数の最も多い国は?
なんと、エジプトらしいです。やはりエジプトといえばミラミッド! やはりエジプト人、ミラミッドのようにオッ立ててしまうのでしょうか? 安易な発言でした。。。

全国の小学生・中学生の諸君!!
きっと、親が寝ている隙に、居間にあるPCで、「エス・イー・エックス」でググったり、ヤフッたりしているんじゃないかな!????
ワシら30代のおっさんの若い時代はなぁ~、道端に落ちていたエロ本で(時には週刊ポストなどの巻頭グラビアで)、人目を気にしながら、よだれを垂らしていたもんじゃよ。
中学2年生のときじゃったか、あのおにゃン子倶楽部の新田恵里ちゃんのヌードが雑誌に掲載されていると聞きつけ、いざ本屋でテントを張りながらページをめくってみると、新田えみちゃん(漢字は覚えておらんぜよ)のヌードだったのじゃよ。
ガッカリじゃった。それでもテントは縮むことはなかったが・・・。なんでじゃろ???
それにしても、怖い時代じゃぁ~。インターネット。検索すれば、ほとんどの情報が手に入ってしまう。
少年たちよ。のび太やジャイアン、そして漫画道場の鈴木さんを見習って、もっと空き地で遊びなさい。そして、空き地でエロ本を探し出しなさい! 空き地で探究心が芽生えるというものじゃ。検索エンジンからは探究心は生まれませんぞよ。
(といっても、めっきり空き地は少なくなったよなぁ~)
  

2007/10/23

會津藩校日新館を訪ねて

    
最近、どうもいかんです。めーらん日記や紀行文など、だいぶ日数が経ってから掲載している気がします。すぐに載せないと、その時の感情や感覚が忘却していくというのに・・・。反省です(TT)。

前回、新潟に行った帰りに訪れた場所というのが、「會津藩校日新館」です。
去年5月には、歴史好きの仲間と会津観光をしたのですが、その際、どういうわけか日新館が抜けてしまっていました。それだけ会津は見所がたくさんあるということでしょう。

まずは総合的な感想を言います。
・・・素晴らしい!! 感動した! また来たい! 以上!

ノン、ノ~ン。まだまだ書きますよぉ~♪

入場料は600円でしたが、安すぎます! 
普通、「○○記念館」というと、昔の写真や資料が並んでいるだけで、「これで500円かよ!」という突っ込みを心の中でつぶやくわけですが、日新館に限ってはそんなことはありませんでした。もう、見所満載です。

場内をルートに従って見学するのですが、まずは幕末の会津藩の概要を知ってもらうためのVTR(15分)を観た後、授業をしていた部屋を鑑賞。

さらに場内を進んでいくと、畳の大きな部屋にたどり着き、博識のありそうなお爺さんが講話をしていた。15分近くためになる話を聴くことができました。
もちろん、「ならぬものは、ならぬものです」のフレーズは何回も登場したことは言うまでもありません。

それから大きな講堂へ。ここには孔子が祀られており、そこには受験生らの合格祈願のたくさんの絵馬がありました。
講堂を抜けると、資料館。会津藩士のその後の活躍がわかり、非常に勉強になりましたね。 資料室はひとつだけではなく、「幕末歴史資料館」というのもありました。ここで俺は、九州の地で16歳という若さで切腹した「郡 長正」の存在を知りました。会津藩といえば「白虎隊」が一番有名かも知れませんが、彼のエピソードは最も印象に残りました。

さらに進むと、「弓道場」が! 代金を払えば弓道を体験することができるらしい(今回はトライせず・・・)
まだまだ続きます。続いて進むと、当時の天文台があり、そこに登ることも可能。ここに登って、会津の景色を見渡しました! サイコーです。
馬小屋には何頭か馬がいて、大河「風林火山」に出演したお馬も2頭ほどおり、
「あ~、あの馬ね! 知っている、知っている!」と俺は思わず言いたくなりましたが、嘘はならぬもの。黙って言葉を飲み込みましたよ・・・。

と、まあ、一気に書いてみましたが、日新館の魅力をうまく伝えることはできていないでしょう。ただ、歴史好きにはたまらない観光地といえるはずです!
最近は、俺的に容保ブームが起きています。星亮一氏の「松平容保」を読み終え、先週の「その時歴史は動いた(容保特集)」も、もちろん観ました。

歴史は本や映像を通じても当時を想像することはできますが、やはりその地に赴くのが一番だと思います。たとえ再建設された建物や城でも、当時の資料を参考にして作られているわけですから、心からその場所を感じることができるかいなかは自分次第だと思っています。
 
会津に行く機会がありましたら、「日新館」は忘れずに行きましょう(笑)!!
  

2007/10/21

G1予想 07年菊花賞

   
<菊花賞>

これは高配当が期待できそうなレース!
ダービー馬不在で、春の実績馬たちも、それぞれ不安要素が多々ある・・・。

二日酔いで、先ほどグリーンチャンネルの解説の方の話を聞いていると、菊花賞馬は、以下の2パターンに分類されると言う。

A.春の実績馬が勝つケース
    (ディープインパクト、ナリタトップロード、エアシャカールなど)
B.菊花賞からスターホースの階段を登る馬が勝つケース
    (マンハッタンカフェ、ヒシミラクル、デルタブルース、マヤノトップガンなど)

解説者は今年はBのパターンになるのではないか?と。
となると、やはりロックドゥカンブ!!!

ロックを本命に指名する(なんて単純なチョイス!)
このロック、南半球産ということで、他の馬より半年生まれが遅いので、菊花賞は△2kgの斤量で出走できるのは魅力。しかし、個人的にはジョッキーがビビるんじゃないかと思っている。
その不安を補うために、本命をもう一頭選ぶことにした・・・。

サンツェッペリン!!!

皐月、ダービーとこの地味な馬を無視してきた俺。やはりロックといえばツェッペリンでしょ!
(と言いながらも、俺はパープル派だが・・・) というかこの馬、叩き良化で豊富なスタミナ。何となくヒシミラクルっぽい。来週から騎乗停止の松岡、今日仕事をしないといつするんだって感じだ。

この2頭をそれぞれ軸に数頭に流す三連複で勝負する。2頭流しではなく、ロックから流し、ツェッペリンから流しの2頭本命買いというわけ。(せこいかな)

スタミナ豊富な血統背景も折り合えないヴィクトリーは速攻で切り捨て。前走鮮やかに差し切り勝ちしたドリームジャーニーはスタミナ不足でこれも切り捨て。フサイチホウオーはすでに燃え尽きた感があるので、切捨て。
となると相手は、古馬一線級と引けをとらなかったアルナスライン。スタミナがありそうで、差し馬のヒラボク。藤田鞍上で伏兵デュオトーン。前に行く馬でスタミナのあるホクトスルタンとアサクサで決まり!

◎ 04 ロックドゥカンプ 3着
◎ 09 サンツェッペリン 14着
▲ 12 アルナスライン 2着
△ 01 ヒラボクロイヤル 10着
△ 10 アサクサキングス 1着
△ 14 デュオトーン 12着
△ 17 ホクトスルタン 6着
  
[馬券]
三連複 
・4→9、12、1、10、14、17 
・9→4、12、1、10、14、17  (25点買い) 的中!三連複3,630円

  

2007/10/20

箱が変わっても・・・

  
昨日10/18で、同じ会社の先輩が退社した・・。

俺が仙台支店勤務時代(24~25歳頃)に、仕事の厳しさ、プロとしての心構えなどを教えてくれた俺にとって大切な人。今の会社に入社して10年以上になるが、俺のためを思って叱ってくれた人って、本当にごくわずかなのだ。

もともと、先輩とは家が近所で、同じ中学であることを入社1年目で知る。
2つ上の先輩なので、俺が中1のときに、中3だったことになる。
俺は中学時代は野球部に所属していて、同姓同名の先輩がにいた(2つ上)。同じ名前ということでキャッチボールをしたり、随分と可愛がってもらった記憶(普通の意味です)がある。その退社した先輩と同姓同名の先輩はクラスメイトだったらしい・・・。世間は狭いね。

話を戻すと、仙台支店時代にその先輩とはトータルで1年くらい一緒に仕事をしたかな。仕事は主に東北各地の会社・公共施設などのLAN工事が中 心。古い建物では天井をもぐって作業したり、床下をほふく前進したり。我々はそれらを地上戦・空中戦などと表現し、楽しく仕事をしたものだった。
正直、徹夜も何度かあった。しかし、いつも隣にいた先輩からは、弱音を聞いたことはなかった。現場を仕切っている精神的プレッシャーを抱えていて、俺よりも精神的にも肉体的にも疲れていたはずなのに・・・。タフな人だと俺は思った。
キツイ仕事を一緒にしたことで、もともと人見知りの激しい先輩ではあったが、徐々に打ち解けることができた。雪の日に俺が先輩の車を雪掃きをやっ ていたら、「お前、いいヤツなんだな」と言われたことが今でも印象に残っている。ということはそれまでの俺のイメージはどんなんだったのだろう、なんてね (笑)。
そんな先輩と打ち解けて、もう10年近くになるのだろうか? 5年くらい前に先輩も本社勤務になり(ただし部署は違う)、仙台以上のお付き合いをさせていただいた。

その先輩も、来週からはもういない。
現場・現場で会社ではなかなか会うこともなかったが、これからは会社でまったく会えないと思うと、心から寂しさを感じる。自分の精神が不安定なとき、先輩の所に行って何度愚痴を聞いてもらったことか。ただ聞いてくれるだけで、何度それで救われたことか。

しかし辞めても、箱(会社)が変わるというだけで、人間対人間の付き合いは勿論続いていくだろう。頻度は減るかもしれないが、俺は大切な一人の人間としてこれからも先輩を応援していきたいと思う。仰げば尊し、我が師の恩・・・♪

(ちょっとセンチな気持ちで日記を書いてしまいました・・・。)
  

2007/10/16

健康生活(2)~ビリーズ・ブートキャンプ

  
(顔'sクラブ07年10月号)

いやぁ~、先週3連休の最後に、不覚にも風邪をひいてしまいました。原因は「ヘソ出しルック」で寝てしまったせいです・・・。会社は普通に出勤し ていましたが、今回はなかなか治らなくて、マイッチングまちこ先生でした。この1週間、成果があったことと言えば「石ちゃんマン」を書いたくらい。改めて 先週の漫画を見ると、ペン先に力が入っておらず、絵や文字が薄いような気さえします。
それでも、ようやく昨日あたりから本調子になってきました。めでたしです。
さあ、前置きはこのくらいにして、今回の顔'Sクラブは、先月の続きです。顔を小さくする野望を達成するために始めたこのコラム「顔’sクラブ」も通常のブログと何が違うの?というご意見も聞こえてきそうですが、いま流行のそんなの関係ねぇ~ということで続けます。
小顔を手に入れる前に「まずは健康生活!」ということで、「健康生活・運動編」の話をさせていただきます。不健康の小顔って、やっぱり嫌ですものね!

先月は食生活の改善に触れました。宅内ではまったく酒を飲まなくなり、カロリーにも多少気を使うようになりました。そして、もうひとつ改善したこ とがあります。それは、「定期的な運動」です。定期的というのがポイントです。不定期であれば、今までも出勤を徒歩や自転車にしたり、休日では月に1回程度、水泳をしたりしてきましたが、やはり不定期ということでまったく体に変化は見られませんでした。今回の健康診断を受け、定期的な運動をしようと誓った わけです。
ではどうしたらいいだろう? ホームページ等で郡山市のジムの施設や料金体系を調べました。これが、どこもかこも平均1万円を取るわけで、 ちょっと今の俺にはきついなと。リーズナブルなコースもあるにはあるんですが、月~木の21時~23時限定とか。まったくお客のニーズがわかっていない会 社ばかりでガッカリしました(正直、チーグーです!)。
これでジムへ通うのは諦めました。次に熱海ではなく、スイミングスクールへ通うかとも考えましたが、これも時間帯が夜遅くまでやっていないことと、値段がやっぱり1万近くする。またも断念です。

そこで考えました。前回3日坊主で終わった「ビリーズ・ブートキャンプ」に再入隊させてもらおうと!! 入隊料はもうかかりません!
前回は、3日目でおしりの爆弾が爆発してしまい(キレ痔って奴です)、途中リタイヤをしてしまったので、今回は真剣にやってみようと思い、9月上旬から週6日のペースで続けてきました。
この際、ぶっちゃけますが、79.3kgあった体重は、現在77.1kgです! 
まあ正直、1年前は74~75kgでしたが・・(笑)
風邪で1週間できなかったのに、体重は変動せず。周囲の意見の通り、体重が増えにくくなるというのは本当のようです。身をもって体験です!
その他の値も、1ヵ月で以下の通り、変化しました。
  
            9月6日 →  10月16日 
・体重        79.3kg   77.1kg
・内臓脂肪レベル 10.0     9.0
・体幹皮下脂肪率 14.6    13.9
・体年齢       42歳     41歳
・BMI         25.7    25.0
・代謝         1761    1730
・骨格筋       33.0%   33.3%
(オムロン体スキャンでの測定結果)
  
思えば、今年の念頭の目標では、毎月1kgずつ減らし(正月77kgありました)、60kg台を目指します、なんて書いておりました。ようやく振 り出しに戻ったわけですから、無理せずじわじわ減量していきたいと思います。無論、飲みへも行きます(食べ物はほどほどにして!)

ちなみに、ビリーはDisc1を中心にやっています。仕事で帰宅が遅いときは、無理せずDisc4(30分)をやったりして。間接的にでも、ビリーで10kg痩せたという話はかなり聞きます。
やはりやり続けることでヴィクトリーを得るのでしょうか。
俺は「ヴィクトリー!」よりも、ヴィクトリーをやった後のビリー隊長のガッツポーズがたまらなく好きです。それから人とは時々違ったアクションをするシェリーも・・・。

さてさて、12月の終わりには何kgになっているでしょうか?
結果、きっと小顔になっているに違いない! 
右の写真はこの夏の鎌倉にて。まさに大仏顔負けのBig Face!(遠近法の魔力ですよ!)
  

2007/10/14

ipod プレイリスト 07年10月

  
【ipod プレイリスト 07年10月 】  (10月14日作成)

(1) 「Saviors Never Cry」/Harem Scarem
(2) 「So Blind」/Harem Scarem
(3) 「This Ain't Over」/Harem Scarem
(4) 「Stuck With You」/Harem Scarem
(5) 「If There Was a Time」/Harem Scarem
(6) 「Forever」/Y&T
(7) 「Glory」/Dizzy Mizz Lizzy
(8) 「Save Me Tonight (I'll Be Waiting)」/Glenn Hughes
(9) 「ヘドバン発電所」/筋肉少女帯
(10) 「Ocean」/BONNIE PINK

俺の洋楽で最も愛するバンドが解散した。9月には解散Liveが東京であったが、参戦できず。
そのバンドこそ、カナダのメロディアス・ハードの勇 「Harem Scarem」である。
好きなバンドが解散していくのは辛いが、メンバーがソロ活動をしたり、別のバンドを組んだり、たま新たな楽しみが増えると考えたほうがいいのかも・・・。
彼等の残した楽曲は、永遠に俺と歩み続けることだろう。
  

2007/10/13

G1予想 07年秋華賞

  
<秋華賞>

この秋、3本の指に入るほど、楽しめるレースではないか!
何といっても役者が揃っている。そして、今年の3歳牝馬はレベルが高い!

この秋華賞は、キッパリ、3強レースである。2強レースだとすんなり決まらないのに、3強レースだとすんなり3頭で決まったりするから、競馬は不思議である。

■2強で決まらなかった印象的なレース
・92年天皇賞・春(トウカイテイオー、メジロマックイーン)
・93年宝塚記念(メジロマックイーン、メジロパーマー)
・93年菊花賞(ビワハヤヒデ、ウイニングチケット)
・96年天皇賞・春(ナリタブライアン、マヤノトップガン)
・98年天皇賞・春(メジロブライト、シルクジャスティス)
・01年ダービー(ジャングルポケット、クロフネ)
・05年宝塚記念(ゼンノロブロイ、タップダンスシチー)

■3強で決まった印象的なレース
・97年天皇賞・春(マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデー)
・99年ダービー(アドマイヤベガ、ナリタトップロード、テイエムオペラオー)
・00年天皇賞・春(テイエムオペラオー、ラスカルスズカ、ナリタトップロード)
・02年天皇賞・春(マンハッタンカフェ、ジャングルポケット、トップロード)

でも本当にそうなのか。イメージ先行は良くないので、競馬ソフトTargetを使って調べてみた。

<集計期間=93年~07年・G1限定(過去15年)>
■2強の調査
 ・2番人気が単勝3.5倍以下のレース中1番人気と2番人気の馬で馬連が決まったレース
   →50レース中 11レース 
    勝率.220×馬連平均配当424円=回収率93.3%.

■3強の調査
 ・3番人気が単勝4.0倍以下のレース中3強で決まったレース
   →7R中 3R .428
 ・3番人気が単勝4.5倍以下のレース中3強で決まったレース
   →16R中 6R .375
 ・3番人気が単勝5.0倍以下のレース中3強で決まったレース
   →36R中 8R .222
  ※的中レースすべてが3連複の配当がなかったため、回収率は出せず。

やはり思い込みは良くなかった。2強対決で2頭で決まらないのも世間のイメージ、3強対決は3頭ですんなりというのもイメージに過ぎなかった。
(まあ天皇賞・春だけはその傾向が強いのかな!?)
しかも3強対決の場合、02年の天皇賞・春以降決まっていない事実。
この結果から、ウォッカ、ダイワスカーレット、ベッラレイアの三連複等の馬券を買うのは止めることにした。

では、3頭の取捨選択の材料を挙げてみたい。

ウオッカ・・・ダービー馬。休み明け。外枠不利。実力は3頭の中で一番か!?

ダイワスカーレット・・・桜花賞馬。京都内回りは先行馬不利。2000mは初距離。レースを引っ張れる強み。
              
ベッラレイア・・・オークス2着馬。展開有利。2強よりも実力で少し劣るか? 鞍上魅力=武豊。 

俺はベッラレイアを本命とする。
実力通りでは決まらないが競馬である。展開、馬の体調、外枠内枠の有利不利、騎手、レースでの不利など、様々なファクターが混じり合って結果が出るもの。
前走ベッラは、展開の不利が無ければ、差し届いていたであろう。前走を使って叩いた強み+展開の利。そして、京都内回りを熟知した武さんが頼り!
最後の直線、スカーレットを差すか、はたまたウォッカとの差し比べを演じるか、そのどちらかのレースになるはず!?
よって今回、俺は馬連2点勝負!! 3強で決まっても、ベッタレイアが2着以内にこれば当たり!! 配当は低いけど、これで決まりでしょ!!

◎11 ベッラレイア 4着
〇13 ダイワスカーレット 1着
▲16 ウオッカ 3着

[馬券]
・馬連11-13  11-16  2点勝負! ハズレ
   

2007/10/11

石ちゃんマン 第16回 「田村で金・・・シリーズ(2)」

    
田村シリーズ第2弾。いまいちですが、載せます。せっかく書いたから・・・(といっても4コマ目だけだったりして♪)

2007/10/10

石ちゃんマン 第15回 「田村で金・・・シリーズ(1)」

     
TVを見ていてひらめきました。
4コマ漫画家にはチャレンジ精神の沸くお題でした・・・!

2007/10/04

BONNIE PINK Live(新潟) 参戦!

     
10月2日(火)、午後は振替休日をいただいて、新潟県民会館まで足を運んできました。
目的は、ボニ・ピンのLive!!!

BONNIE PINKについては、正直、あまり知りません(汗)。
初めて雑誌で見たときも、「BONNIE PINKって日本人なんだぁ~」と思った程度。実際に聴いた曲も、CMで聴いた「A Perfect Sky」やフジ系のドラマ「僕たちの教科書」のエンディングテーマ「Water Me」。はっきり申して、完全なにわかファン!?

ジャンルで括るならば、完全にPOPSでありましょう!
相方の贔屓であるということで、今回は行くことになったわけですが、これがなかなか聴けば聴くほど味のあるミュージシャンであるということがわかりました。
新アルバムを1回通して聴いた感想と5回聴いた感想が大きく違いました。誰にでも、そういうアーティストはいると思います。噛めば噛むほど味がでる的な・・・。
俺にとって、BONNIEはそのタイプのミュージシャンでした。POPSならば、キャッチーさ重視で、初回のインパクトが最も大切な反面、飽きや すいメロディだったりするのに。これは洋楽志向の曲調と、曲が3~4分にコンパクトにまとめているからだと勝手に解釈します。どんなにいい曲でも最近は 6~7分もあるのも多い。これって、いいサビを2曲分聴くことになってたりしますから。
 
さらに、BONNIEは俺と同じ歳。つまりはメーター、タメである。これは意外。30歳くらいかと思ったら、タメとは。しかも京都出身。MCでは、京都弁のイントネーションが見え隠れし、素直にえぇ~響きだった。

Liveの感想ですか?
まずは会場に入るなり、19列目の一番はじだったのに、お客の入りが悪いらしく、11列までタダで移動できたこと。会場のお兄さんの指示で動きました。これには、おもわず石松ポーズ~!! 俺らより後ろは、空席でした(残念!)
Liveは完全なバンド編成(G×2、B、Dr、パーカッション、Key)でした。俺にはもうこれで充分です。生音であれば、POPSであれ、METALであれ、勝手に体が動き出す♪
ひとつわがままを言えば、もっとコーラス・ワークを効かせてほしかったかな。

セットリストは、今回は書けません。2枚組みのベスト盤と新譜しかチェックしてなかったから、俺の知らない曲が6~7曲ありました。それでも、俺 の好きな「Burning Inside」、「Thinking Of You」、「Private Laughter」などを演奏してくれたからオッケー、オッケー!

本編の最後は、最新シングル「Anything For You」で締め、アンコールは、知らない曲1曲を挟んで、ヒット曲「A Perfect Sky」と「Tonight, the Night」で終演! 残念ながら一番好きな曲「Last Kiss」はなかったけど、20曲以上の熱演、もうお腹一杯です。
たまには自分の主食じゃないLiveも、いい刺激になっていいっすね。
サンキューバニー!! お~Non Non ボニー~♪

1. Broken hearts, city rights and me just thinking out loud
2. Burning Inside
3. 坂道
4. Ocean
5. 日々草
6. 5 More Munites
7. Chances Are
8. Wildflower
9. Lullaby
10. Rope Dancer
11. 再生
12. Imagination
13. Heaven's Kitchen
14. Water Me
15. Thinking Of You
16. Catch the Sun
17. Private Laughter
18. Gimme A Beat
19. Anything For You

E1. Bedtime Story
E2. A Perfect Sky
E3.Tonight, the Night
  
  

2007/10/01

健康診断結果通知票 '07

  
ついに本日、9月2日に会社で行われた年に一度の健康診断の結果の紙が届きなすった。

怖い。封筒を開けるのが・・・。

怖い。見るのが・・・。

果たして、結果は?

ガンマGTPはどうだ? 糖尿病の検査値は?


結果は、医師の診断欄は以下のとおり。

 ・高血圧の疑い C(要観察)
 ・高脂血症の疑い C
 ・尿再検査

ある程度は覚悟した。尿検査ではパクちゃん(蛋白)が発見されていたからねぇ~。

もう俺も立派な中年だ。何てったって、もうすぐ34歳ですから・・・。プロ野球選手なら、そろそろ引退を考える年齢。辛い料理を食べた翌朝は、今までならケツが痛いだけですんでいたのが、胃のモタレを感じたり。少し走っただけで息切れしたり(おデブの症状!?)。
24時過ぎまで酒を飲むと、次の日が仕事なら必ず酒が残っているしなぁ~。いろいろと自分の体の変化を感じていたこの頃。

血を採った結果、各値も、トリグリセライド血だけが危険値扱い。生まれてこの方、血の検査結果はすべて正常だったのに。これも体重が4kg近く増 えたからだろう。この値の結果から、高脂血症の疑いと判断されたのね。高脂血症でググってみると、「内臓脂肪型肥満の人に多い。」とあった。俺もこれで完 全に、「メタボびと」の仲間入りか・・・!

さらにショックだったのが、BMIの値。肥満度を測る指標で、やせの人が20以下。正常が20以上25未満。デブが25以上。このBMIがついに、25.6に!!!
つまりは、おデブ。

お・い・らは、お・デ・ブ。

お~おおおおおおお!!!!(吉田栄作風に読んでほしい)

20代中盤までは、ヤセに属していたはずなのに、10年近くたって、普通ゾーンを超えて、ついにデブ・ゾーンに!!  携帯料金みたいに、いきなり半分にならないものか!
高田順次先生に、「うぅぅぅ~~、デブ・デブ!!」って指をさしてもらいたくなってきたよ(元気TVでおなじみのあのヤツ)。

しかしである。
俺はあの診断日から生活を変えた。食事制限に定期的な運動をしている。
顔’sクラブ9月号では食生活についてふれたように。その成果は確実にでていると信じたい。
今月末あたりに、改めて病院に行って、再検査を受けてこようと思う。
デブに一瞬でもなってしまったのは不覚だが、未来が健康で非デブならオッケーでしょ。(非デブって、北斗の拳ぽいぜ!)

めざせ、脱デブ! 不デブ! 非デブ!!