2017/05/06

2017年郡山シティマラソン大会へ参加しました

1週間前のシティマラソン(ハーフ)、結果から言うと、もうボロボロでした。。。
ひと言でいえば、ハーフを走れるカラダになっていなかっただけ。


レースは、10kmくらいでペースダウンし、急坂でついには歩いてしまう始末。
さらに15kmあたりから、右足が水ぶくれで痛みが出て、18km過ぎでは、右足のふくらはぎが何度も釣りそうになり、その結果、トータルで15回以上歩いていました・・・。
走りながら楽しんでいた音楽も、途中で止めてしまっていました。
タイムは。2時間20分。前回の初ハーフの猪苗代よりも16分以上、かかってしまいました。(今回の目標は、2時間を切ることだったのですが・・・)

レースの翌日、右足の水ぶくれをピンセットで破ったら、今度はそこにばい菌が入ってしまい、ここ1週間は足を引きずって歩いている状態・・・。練習したくても、走れない。気持ちも沈みがちな連休となっています。
すでに10月の新潟フルマラソンに申し込みしているので、このままではマズイ。

もう、踏んだり蹴ったりの状況ですが、前向きに考えると、問題点が早めに浮彫になって良かったと捉えています。

・水ぶくれが出来てしまった →どうすればできにくくなるのか?
・ふくらはぎが釣りそうになった →どうすれば釣らないのか?
・途中でばてた →ばてない練習方法は?

問題がわかることで、事前に対処できるというもの。これがフルまで順調でいってしまったら、きっと当日、何かのアクシデントが発生すれば、焦ってしまい、カラダを壊してしまったかもしれません。

まずは、今の自分にできること。それは次の2点。
(1)右足を完治させる
(2)問題点の改善策を調べる

(1)は、だんだん良くなってきているので、日曜日に休日やっている皮膚科に行こうと思っています。(2)はマラソン雑誌で調査中。

次回は、山形のレース。
今の課題を1つでも多く改善して、レースに望みたいですね。


【郡山シティマラソン2017 プレイリスト】

01. UNITED(Harem Scarem)
02. HERE TODAY GONE TOMORROW(Harem Scarem)
03. GRAVITY(Harem Scarem)
04. SINKING SHIP(Harem Scarem)
05. ONE OF LIFE'S MYSTERIES(Harem Scarem)
06. NO REGRETS(Harem Scarem)
07. BITE THE BULLET(Harem Scarem)
08. THINGS I KNOW(Harem Scarem)
09. THE SKY IS FALLING(Harem Scarem)
10. HEAVEN AND EARTH(Harem Scarem)
11. INDESTRUCTIBLE(Harem Scarem)
12. road to my road(おかん)
13. Eternal Dream(CROSS VEIN)
14. 今を生きてる(Gacharic Spin)
15. (Can't Live Without Your) Love And Affection(NELSON)
16. After The Rain(NELSON)
17. Tracy's Song / Only Time Will Tell(NELSON)
18. Hooligans Holiday(Mötley Crüe)
19. Driftaway(Mötley Crüe)
20. 人として(おかん)
21. ラストシーン(いきものがかり) <<<<<(ここでMUSICを停止した)
22. ぼくらのゆめ(いきものがかり)
23. メロディー(玉置浩二)
24. 夢言実行(Gacharic Spin)
25. またね(Gacharic Spin)
26. ゴー!ライバー(Gacharic Spin)
27. Back for my Life(Masterplan)
28. 未来予想図Ⅱ(いきものがかり)
29. Road to Resistance(BABYMETAL)
30. fanfares of Love(ZENO)

2017/03/19

Y&T Midnight In Tokyo Tour 2017(2017/03/18)

Y&Tが来日すると知ったのは、今年初め。
日本上陸35周年という名目で、初日が名盤『Earthshaker』全曲再現と2日目がベストヒッツな選曲だという。
去年に掲げたLiveワークのテーマとしては、もっとたくさんのバンドを見ようと決めたので、迷わず行くことを決意しました。

しかし、初日にするか、2日目にするか、2週間近く悩んだと思います。
決断の結果、初日に行くことにしました。
最終的な決め手は、Y&Tのマイベスト3曲を生で聴きたい!という欲求。
その3曲とは、ベタベタですけど、「Forever」、「I Believe in You」、「Rescue Me」。
その欲求の2/3を確実に満たしてくれるのは、初日。そして、Foreverはアンコールで間違いなくチョイスされるはず、という希望的観測の元、決断に至りました。
もちろん、2日目でもその3曲が実現される可能性が高いのかもしれませんが。さらに言えば、両方行くという選択肢もあったかもしれません(資金に余裕があれば・・・)

移動は、今回久しぶりに、往復高速バスで。
初めての「バスタ」です。スタバではなく、バスタ新宿です。
これは、とても便利過ぎました。以前なら、乗り場を探すのが一苦労でしたから(お上りさん丸出し?)。

さてさてLiveの話。

いきなりEarthshkerアルバムの再現かと思ったら、「Hang'em High」からスタート。
どうしても全曲再現となると、そのアルバムから始まるものだと思っていましたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。
初のデイヴ・メニケッティ、最初のインパクトは、「高音が出ている!」というもの。
人間国宝も、すでに60代。どうしても、レトロなバンドのLiveだと、フェイク連発、客に何度も歌わせるというのが定番なのですが、フェイクも多用せず、アルバム通りに丁寧にメロディを歌っているお姿に感動をおぼえました。
まさに、Y&TはAnthem同様、現役バリバリの最強バンドであるということをすぐに察知できました!

2曲目には、名曲「Don't Stop Runnin'」。後半に出せばもっと盛り上がったと思ったのですが、それは贅沢というもの。それだけ、名曲が多いバンドということでしょう。

Black Tigerの印象的なイントロも堪能し、いよいよEarthshaker全曲再現。
ここ1カ月、このアルバムを何度も聴き込み、おっさんになった今だからこそ、その深みを知ることができました。アメリカのバンドとは思えない哀愁をたくさん感じました。
「Knock You Out」は、MSGのマイケルシェンカーぽくて、ヘビーローテーションになりましたし。

「Hurricane」では、数日前に亡くなったジョーイ・アルヴィスに捧ぐ演奏となり、曲が終わると、周囲からは「Y&T!Y&T!」の大合唱。デイヴも泣いており、私も号泣。。。
忘れることの出来ない、魂のこもった名演でした。

全曲再現のもう一つの感動は、最後に訪れました。
いわずもがな「I Believe in You」です。終わりのこれでもかという泣きのソロ連発に、またも涙。ギターが泣けるって、本当に最強の武器だと思います。同じ時代のアメリカン・バンドのVan Halenにはない強み(そっちも大好きですが)全開で、今日ここに来て本当に良かったと思えた瞬間でした。

あとは、最後の「Forever」まではあっという間。
「Forever」の大合唱では、風邪気味ではありましたが、腹の底から声を出しました!

総括。
素晴らしいコーラス・ワーク、安定感抜群のリズム隊があってこそのデイヴの歌とギターを堪能できたと思っています。さすがは世界各地を今もなお、Liveサーキットしているプロの生きざまをまざまざと見せつけられました。
60過ぎても、健在。プロであり続けるそんな姿は、これからの自分の生き方にも大いに役立ちそうです。50代、60代に向かう中で、何を捨て、何をもっともっと磨いていく必要があるか。残りの休みでじっくりと考えてみたいと思っています(あれ、固くなってきた!?)

25年前の自分に刺激を与えてくれたバンド。連発はできないけど、またこういった機会を作って、刺激を与えていきたいですね。














【セットリスト】

01. Hang'em High
02. Don't Stop Runnin'
03. Shine On
04. Black Tiger

Earthshaker全曲再現:
05. Hungry for Rock
06. Dirty Girl
07. Shake It Loose
08. Squeeze
09. Rescue Me
10. Young and Tough
11. Hurricane
12. Let Me Go
13. Knock You Out
14. I Believe in You

15. Contagious
16. Mean Streak
17. Midnight In Tokyo
18. Summertime Girls
19. I'm Coming Home

Encore:
01. Hell or Highwater
02. Forever

2016/11/09

Gacharic Spin仙台公演(2016/11/05)


今年の5月、運動会&結婚式で、泣く泣くガチャピンLive in 仙台をキャンセルしましたが、こんなにも早く、リトライできる機会が訪れるとは、私は何て幸せ者なんでしょうか!!

というわけで、先週末、高速バスに揺られて仙台入り。
初のGacharic Spin Live参戦であります。

MCでチョッパーさんが、「Gacharic Spinを知ってくれたきっかけは何かな?」という問いがありましたが、俺はいったいいつ知ったのだろう?と真剣に考えましたが、思い出せない。
Light BringerのFukiさんとガチャピンのユニット「Doll's Box」で知ったのだろうか? でも、ちょっと曖昧。ただ、3年前に、「今を生きてる」のPVが最高過ぎて、何度も視ていた記憶はしっかりしています。

まあいいでしょう。
外人風に言えば、「最も好きなバンドの1つ」であることには違いありません。


liveの感想を書きつづりたいと思います。


まずは、パフォーマーの踊りが本格的で、かつ超真剣で、難易度も高そうで驚きました。
入るところではしっかり決めて、はけるところではきちんと姿を消すという。メリハリがしっかりしていて、感動しました。何だか、自分の娘を温かい目で見守る、そんな心境でした(娘はいないけど・・・)。

リズム隊の演奏レベルに正直脱毛。。。いやいや脱帽。
ピック収集家の私にとって、ピック弾きであってはほしいのですが、あそこまでハイレベルの演奏をされると、「何も言えねえ」っす。ドラムスも、歌いながらですから。C-C-B風のゆるい楽曲であれば、練習次第ではできそうですが、2バスなんかも決めながらの歌唱は、本当に練習の賜物なのでしょう。素晴らし過ぎます。ドラムソロもありましたが、パワフルなのですが、何でしょう、いい意味での繊細さを感じてしまいました。

ギタリストも、アイドルキャラなのに、男前なバッキング、ソロがとても刺激的。
こちらもソロタイムがあり、バカテクというわけではなかったですが、とても個性的でした。
ひとつだけお願いしていいのならば、どんどんピックを投げてほしい~!(わがまま言いました)

さてさて、お目当てのキーボーディストのレオナさん。
さすがは、下地がジョン・ロードというだけあって、パフォーマンスをしながらでも、丁寧な演奏。
こちらも出るとこは出て、さらに出たときは本気。まさにプロ。
個人的には、おバカな振る舞いをされている姿より、シリアスな時の彼女に惹かれている私ですが、自虐的な発言などで場を盛り上げている場面では、「無理しなくていいよ」と思ってしまいます。
ま、無理はしていなさそうですが・・・。いずれにしても、生レオナさん。
心の中では、「オレーオレーオレオレ♪」という懐かしのJリーグソングを口ずさんでしまうほど、セクシーでした(どんなやねん)。

最後に、最も嬉しかったこと。
感動のリーダーMCの後に、「今を生きてる」のイントロが流れ出したことでした。
おのずと、私の涙も流れ出しました。事前にセットリストは、まったくチェックしておらず、まさかこの名曲中の名曲を演奏してくれるとは・・・!

この歌が、ガチャピンの中で最も好きな曲。踊れるハッピーソングやダンスナンバーも好きですが、やはり哀愁漂うメロディアルな楽曲が、ガチャピンの最大の魅力だと思っています(夢言実行、friendshipなど)。私にとって、グレートなバンドの必要条件は、何と言っても「曲がいい」ことだと思っています。この時は、ガチャダンは無し。あのPVを回想しながら、そして同じ時代、時間をこのバンドと共有できていることに、こちらも感謝の気持ちしかございません!




Liveハウスの出口では、CMのテーマソングをご担当されている関係からか、「目がシャキ」を1本いただきました。
仕事で「ここぞ!」という時に、いただくことにいたしましょう。あざーす!!!



【セットリスト】

01. ダンガンビート
02. Never Say never
03. 赤裸ライヤー
04. 夢言実行
05. 最後のピース
06. Identity
07. PVのある曲メドレー
08. 白がこの街と僕を染める
09. ガンバンバザンサー
10. 胸を張ってもいいんだよ
11. 常識デストロイヤー
12. 恋愛スイッチ
13. パラリヤハッピー
14. KAKUHEN
15. アルブスの少女
16. シャキシャキして!
17. ハンティングサマー
18. Lock On !!
19. BROKEN LOVER

Encore
20. 今を生きてる
21. ゴー! ライバー
22. Ben-Jan-Dan



2016/11/07

ANTHEM郡山公演(2016/10/30)


今年もあと2ヵ月!
というわけで、1年ぶりのANTHEMです。

郡山でのLiveは、『BURNING OATH 〜LIVE CIRCUS〜2013』以来で、3年ぶり。しかし、年1回は、ANTHEMのLiveに行っているので、超ご無沙汰感は特にありませんでしたが、歩いて行ける距離というのは、最高ですよ!

さらに嬉しかったのは、「OPEN 16:30 START 17:00」というスケジュール。
1時間スパンだと、ワクワク感も間延びしてしまうのですが、30分だとちょうど良いスパン。ビールもちょうどよく体内に浸透させることができました!


個人的な感想は、今回も2時間超えのLiveだったにもかかわらず、「もう、終わり?」という印象でした。それだけ、前回の30Th記念Liveがあまりにも衝撃的で特別だったということでしょう。
2H以上、曲を聴けるだけでもありがたい話なのですが・・・。


楽曲は、30Thでやらなかった曲をもっと聴きたかったですが、それは贅沢というもの。
「SILENT CROSS」は、最初に仙台で聴いたときは衝撃でしたが・・・。
そろそろ、「Do You Understand?」を炸裂させてほしいところであります。

いよいよ来年は、ニューアルバム!
来年は、郡山公演は無いかもしれませんが、仙台には来てくれるでしょう。
1年後、今のまま健康をキープして、元気にANTHEMのLiveを楽しみたいですね♪


【セットリスト】

01. STRANGER
02. SHINE ON
03. BLACK EMPIRE
04. ETERNAL WARRIOR
05. AWAKE
06. Dr solo ~DEMON'S RIDE
07. SHADOW WALK
08. SILENT CROSS
09. CRYIN' HEART
10. HUNTING TIME
11. VENOM STRIKE
12. SHOUT IT OUT!
13. RUNNING BLOOD

E1
14. DESTROY THE BOREDOM
15. PAIN

E2
16. BOUND TO BREAK

E3
17. SHOW MUST GO ON!

2016/10/24

2016年猪苗代ハーフマラソン大会へ参加しました


本日10/23(日)、猪苗代に出向き、ハーフマラソン大会に出走してきました。

前走は7月3日。約4カ月半ぶりの出走。前走が宝塚記念なら、ぶっつけで天皇賞秋に挑む感じでしょうか。まだ条件馬の身分ではありますが・・・。

秋天をイメージと書きましたが、実際は菊花賞や春天をイメージして、ここ3カ月は練習してきました。なぜなら、マラソン歴1年の私にとって、初はハーフマラソンになるのですから!

3カ月は、最低週2回のランを義務化し、休みの日は10km前後の距離を走ってきました。
10月2日には、初の20kmをノンストップで走ることができ(TIME:2:07:26)、ケガすることなく走れたことで、相当自信がつきました。
さらに、小出監督の書(『マラソンは毎日走っても完走できない』)を読んで、練習では負荷をかけなさい!という教えを守って、3km走るにしても、間の1kmは全力で走り、足と心肺に負荷をかける練習も取り入れてました。これが、かなりキツかった・・・。でもおかげで、前走時よりも走りに安定感が出てきたように思えます。

さて、本番です。天候は、曇り。
猪苗代スキー場に車を止め、バスで会場「カメリーナ」へ。
磐梯山から吹き抜けてくる風が我々のカラダを冷やします。

9時出走なのに、会場着が8時半前。
取り急ぎ、受付を済ませ、何とか簡易ストレッチをしただけですぐに出走になりました。

今回の目標ペースは、1km6:10~6:20と考えていたのですが、序盤、前が詰まりまくりで、このままではペースが乱れると判断して、目標ペースより少し早い集団の後ろにつけることに成功しました。
結果的に、その判断が良く、18kmまではバテることなく、ずっと5:50前後のペースで進めることができ、タイムは2:04:50(参考:2:03:40)
やはり、レースだと、練習時よりもペースが上がってしまいます。

今回は、選曲がうまくハマりましたね。
スタートの曲を聴きながら、気持ちを高めている間、運営側の演出によるQueenの『I Was Born to Love You』の大音量でMIXされてしまいましたが、ラスト500mでうまい具合に浜省の『家路』でフィニッシュ!! 大好きな音楽を聴きながら走れるって、最高の贅沢です!

このRUNで今年は終了。
来年は、マイル、ハーフなどを2~3回鳴らして、最終的には10月くらいにフルに挑戦したいと考えています。
とはいえ、まだまだ新米ランナーではありますので、継続して負荷をかける練習をもっとハードに進めていこうと考えています。

それにしても、フルマラソンの時は、プレイリストを何曲準備すればいいのでしょうか!?





【猪苗代ハーフマラソン2016 プレイリスト】

01.I love you & I need you ふくしま(猪苗代湖ズ)
02.Under The Same Sun (Scorpions)
03.I Need To Be In Love(Carpenters)
04.These Days(Bon Jovi)
05.Overnight Sensation(Firehouse)
06.In My Eyes(RAMI)
07.Cowboys From Hell(PANTERA)
08.Tornado Of Souls(MEGADETH)
09.Friendship(Gacharic Spin)
10.17th Century Chicken Pinckin'(Impellitteri)
11.Victim Of The System(Impellitteri)
12.Falling In Love With A Stranger(Impellitteri)
13.Photograph(Nickelback)
14.LOST & FOUND(Jun Sky Walker(s))
15.NO FUTURE(Jun Sky Walker(s))
16.WAGON(Jun Sky Walker(s))
17.Pain(ANTHEM)
18.Shine On(ANTHEM)
19.Save Me(Fair Warning)
20.Here Is Christmas(Lillian Axe)
21.Still Alive(Nocturnal Rites)
22.Living A Lie(Blindman)
23.if(Light Bringer)
24.Love You(Light Bringer)
25.Chain of Distress(Galneryus)
26.I'm Gonna Sing The Blues(Vow Wow)
27.家路(浜田省吾) <--- p="">28.Raise Your Fist(Double Dealer)
29.November Rain(Guns And Roses)

2016/10/02

EXTREME仙台公演(2016/09/30)

今年もすでにノルマの年間Live3本目。
仙台遠征で、EXTREMEの仙台公演に足を運びました。

今回、新譜を出したわけでもなく、チケット代も9800円と高額。
大学時代の友人に声をかけて、彼が行くなら行こう!という人任せな感じで参加が決定しました。

しかし、結論から言えば、最高のLiveでした!!!

何せ、EXTREMEは、自分が19歳のとき、はじめて外タレのLiveを観たアーティスト。
そのとき、一緒に行ったのも、今回誘った友人でした。

あの当時発売されたアルバムが「III SIDES TO EVERY STORY」。発売日には、近所のレコード屋まで原付自動車をかっ飛ばして買いに行った記憶が今でも鮮明です。

何ども何度も聴き込みました。ヌーノは、当時の自分のギターヒーローの1人でした。
(結局、カバーに挑戦し、1曲も弾きこなすことはできませんでした。。。残念)


その憧れで大好きだったバンドを23年ぶりに観てきたわけですが、ゲイリーとヌーノ、体つきは何と当時のまま。むしろ、よりシェイプアップされている印象で、それに比べて自分はというと・・・ホント情けなってきました。
セットリストは、1~3枚目が中心で、アンコールには、予定通りではあった3枚目の組曲を初演奏! 感動です! 

ヌーノの演奏は、当時はピッキングやフィンガリングばかりに目が行っていましたが、実はフィード・バックやスクラッチなどの効果音で、曲の一部を小まめに演出していた部分が気になっていました。細かい仕事をしているなって。19歳のときには、まったく気が付かなかった部分でした。

最後に、今回のLiveハウスは、「チームスマイル仙台PIT」。
ガールズバンドのプリンセス・プリンセスが寄付してくれたもの。ここに足を運べたのも、自分にとって貴重な経験でした。
プリプリの皆さんの思い、またそれを支えたスタッフの方々、工事業者の方、たくさんの方々の思いが詰まった素晴らしい会場でした。
お世辞抜きで、バンドサウンドがクリアでしたし、ボーカルの声もはっきりとCDのように聴くことができました。本当にありがたい、またここに来たいと心から思いましたね。 















【セットリスト】

01. Decadence Dance
02. Li'l Jack Horny
03. Rest In Peace
04. It ('s A Monster)
05. KID EGO
06. Hip Today
07. Play With Me
08. Midnight Express
09. More Than Words
10. Cupid's Dead
11. Suzi (Wants Her All Day What?)
12. Hole Hearted / Crazy Little Thing Called Love(Queen cover)
13. Flight Of The Wounded Bumblebee
14. Get The Funk Out

E1. Rise 'N Shine
E2. Am I Ever Gonna Change
E3. Who Cares?

Rising San登山記~会津駒ヶ岳

今年2016年は、本格的にマラソンが趣味になっており、正直、登山活動がおろそかになっていました。(子どもたちとは「高柴山」には行きましたが・・・)
昨年、富士山頂を体験できたことで、少しクール・ダウンしてしまったのかもしれません。

しかし、登山活動は、今後も続けていきたいので、今年二発目となるアタックを9月11日(日)にマスターと決行しました! 目指すは「会津駒ヶ岳(標高2,133m)」です!!


【登山開始

今回は、マスターの運転で、郡山から桧枝岐村を目指します。
5時に出発して、8時前には滝沢登山口に到着できました!


さあ、百名山の1つ、会津駒ヶ岳へのアタック開始です!

今回から、9月からはじめた「10分間ストレッチ」を事前に実践。
マラソンをやりはじめてから1年、ようやく、やっとストレッチの大切さに気づかされました。
登山といえば、立派なハードワーク。準備体操はとても大切。(正直、これまでは着いたら、速攻登っておりました。。。)



登り

登山を開始して、約90分後(9:30)に、「水場」の看板が!!!

この駒ヶ岳、1年ぶりの登山というのもありましたが、登りはじめの坂がかなりキツイ!!
しばらく登ると、ゆるやかになり、登りやすくはなるのですが・・・。
水場に向かうと、「ちょろちょろ」と湧水が流れ出ているではないですか!

自然の湧水で、頭を濡らせば、一気に体力回復です。
この水場、行かれる方は、ぜひお立ち寄りいただきたいスポットの1つです。




山頂

水場から歩くこと2時間。途中、山小屋がありましたが、ここでは休憩をせず、一気に山頂を目指すことになりました。

そして、11時半。
ついに、駒ヶ岳山頂に到着できました!!



あいにくの曇り空で、少し小雨がぱらついていましたが、数日前まで天気予報は「雨」だったので、天気について不満を言うのは贅沢というものでしょう。むしろ、どんな天気にでも対応・準備しておくことが登山をする者の努めでしょう(あまり、出来てはいませんが・・・)。




下り

山小屋前のテーブルで食事(お得意のカレーカップヌードル+おにぎり+ゆで卵)を済ませた後は、一気に下山となりました。

約2時間、14時ちょうどに無事、駐車場までたどりつきました。
それにしても、急な下りは、ゆっくり降りるに限ります。
少し急いだせいで、ひざがガクガクになってしまいましたよ・・・。


温泉

帰りには、桧枝岐温泉「アルザ尾瀬の郷」で疲れをいやすことになりました。
ここは、昔、会社の先輩方と15年以上前に尾瀬バイク観光時に訪れた場所でした。。。
何か懐かしい感じがしたので。






今年の登山活動は、おそらくこれにて終了!

来年は、もう少し回数を増やしていきたいところ。Live、マラソン同様に年3回はクリアしたいところです。
あと、おまけの目標としては、1人登山をやってみたい!! やることで新しい発見があること間違いなしでしょうから!!!


2016/08/22

2016年東和ロードレース大会へ参加しました

こちらのレースに参加したのも、2016/07/03(日)。
アルディウスLiveの2日後です。

噂の地獄坂のコース。
そもそも、なぜこのレースに参加したいと思ったか? その動機は、2015年の天栄村のレースにあります。
そのレース中、何人もの方が「地獄坂」Tシャツを着ていて、そのデザインが何とも魅力的といいますか、「俺も欲しいな。。。」となったわけです。単純な理由ですね。

そのTをゲットするには、来年走るっきゃない!となったのですが、どれほどの急坂か皆目見当がつきません。
練習では、闇雲に坂道を選んで走りこんだものの、やっと走れるようになった10キロのコース、しかも坂ありのコースを10キロ歩かずに完走できるだろうか? という不安ばかりでありました。

郡山シティマラソンから2カ月後、いよいよ東和マラソン出走!

開始1キロ過ぎで、まさかの急坂。俺はこのレースは絶対に歩かないと決めていたので、歯を食いしばり、根性で登り切りましたが、ふと隣を見ると歩いているランナーとまったく同じ速度でしたwww
予想していた以上の角度。スキー場なら、ちょっと躊躇するくらいの坂でしょう、たぶん。
地獄坂と呼ばれる坂をクリアしましたが、10キロコースでは、あと2か所、勘弁してほしい角度の坂がありました。特に5キロ折り返しの坂が堪えました・・・。何とか歩かずには済みましたが。

後半は、下り坂が多いこともあり、スタミナも水分補給で回復し、少しだけペースアップ!
坂道で調子をこいて、膝を痛めることを心配してしまいました。

結果です。

平均ラップは、6分を切ることができず! 1時間5分2秒。
10キロ一般40歳以上男子 251位/404人中。

成績は今ひとつでも、この地獄坂のコースを怪我なく、歩かずに完走できたことは、自信になりました。念願のTシャツもゲットです!!!

これで2走目も終わり、ラストレースを決めることに!

やぐらマスターとも相談した結果、次走は「猪苗代ハーフマラソン」に決定しました!(調子に乗りすぎか!?) 10月23日になります。

その今年のラストランを目指し、練習あるのみです! ちなみに、もう急坂はコリゴリです。






【東和マラソン2016 プレイリスト】

01.SHINE ON(ANTHEM)
02.PAIN(ANTHEM)
03.UNBROKEN SIGN(ANTHEM)
04.ブラスト(ANTHEM)
05.Take These Chains(Red Dawn)
06.輝く夜へようこそ!(Fuki Commune)
07.Burn(Mr.Big)
08.Out Of the World(SUNBURST)
09.Sake 'Em On Down(Soul Doctor)
10.Between Life And Death(Concerto Moon)
11.Concerto Moon(Concerto Moon)
12.福笑い(高橋 優)
13.心の花を咲かせよう(いきものがかり)
14.Forever(Y&T)

Aldious郡山公演(2016/07/01)

いくつになっても、年間最低3本のLive観戦を目標にしていますが、ここ数年はANTHEM、Blindman、Concerto Moonなど、観にいくバンドが固定化してきておりました。
今年の目標は、もっと新しい、自分が知らない未知のバンドにたくさん触れよう!というもの。

まずは、女性バンドを体感しようと、5月のガチャピンの仙台Liveをブッキング。
しかし、チケット購入後に、子どもたちの運動会、後輩の結婚式とのトリプル・ブッキングになるという。。。もちろんLiveを優先するわけにはいかず、運動会に参加し、そのあと、後輩の結婚式に参加しました(かなりハードでしたが)。

ああ、ガチャピンのLive行きたかったな~と何気にTwitterを見ていると、アルディウスの郡山公演の記事が目に飛び込んできました!!!

何という幸運! ぼくちゃん、ツイてる!!!

速攻でチケットを入手し、全5枚のアルバムも入手!(アルディウスは、過去にiTunesでマーメードを購入しただけでしたので。)

新しいアルバムが、かなりいい! ポップな曲の3、4曲目が今のヴォーカルにはまっていて、すぐにフェーバリット・バンドの仲間入りです。

当日、この日も遅れて参加せざる状況でしたが、何とかかみさんの配慮もあって、定時に参加できました。満員御礼と思いきや、会場は半分くらいの動員。アルディウスクラスでもソールドアウトにならないとは、あらためて地元のメタル不況を感じてしまいます。

そして、Live!
演奏のパフォーマンスは、噂通り、高い次元で繰り出され、曲も素晴らしい(予習した甲斐がありました)。セットリストは、POPな選曲でした。バラード「I Don't Like Me」やHeavy Toneの「Dominator」なども聴きたかったですが、それは贅沢な悩み。

感動したのは、メンバー全員が笑顔を絶やすことがないということ。
人様の笑顔って、心を落ち着かせてくれる作用があるというか、日頃のストレスを軽減させてくれる効果があって、俺もこの日の夜は、いいお酒が飲めました!(「やぐら太鼓」で、元社員の先輩と遭遇し、ご馳走になってしまいました)

それにしても、いいバンドでした。
そうそう地元には来ないと思うので、仙台や東京でまたLiveを体験したいところです!


【セットリスト】

(注)中盤の順序、局目等、自信がありません。。。申し訳ないです。

01. THE END
02. Moment
03. Ground Angel
04. シャンデリア
05. 胡蝶ノ夢
06. Sweet Temptation
07. Promise※
08. インスト
09. Re:fire
10. Misty Moon
11. Other World
12. 夜桜
13. Believe Myself
14. die for you
15. Luft

E1.Dearly
E2.Red strings

※Re:Noが17歳のバックパッカー時代にニューランドからの飛行機の中で作成した曲。